2009年3月23日月曜日

究極の遊び

お寺巡りは究極の遊びか。
22日日曜日、妻VUONGの父の家で昼食を取った後、そこに顔を出した彼女の友人である服飾デザイナーのHUCさんと、「お寺に遊びに行こう」という。フムフム、お寺に遊びにか・・、良いね、と言うわけで、前に娘と3人で行ったことが有名なお寺さんにオートバイ2台(僕はフックさんに乗せられて。娘は受験の塾で、不在)で、行ってみた。参詣の若い女性や年寄りが線香や果物をもって、ゆったりとした午後を楽しんでいた。広い境内は人がまばらで、静寂であった。VUONGと付き合いだして2年、今までもあちこちの寺院仏閣、神社に散歩してきた。

二人はベトナム人の女性だから、何のことやらほとんど解らないが笑いを交えベンチで長いこと談笑だ。で、1時間半もするとどうにも飽きたので、フックさんの製作アトリエ兼店舗に移動、休日なので二人でJUKIミシンの並ぶスペースでファッションショウを始め、3時間飽きずにやっていたが、夕食時間がせまり、ワンピースなど4点ほど、買ったようだ。僕も見たがかなり良い物だと思う。ただし1点30ドル。流石ベトナムだ。通常は20ドルらしいのだが「フックさんは、来週新規店舗を出店させるので、ご祝儀で高くはらった」ということだ。日本なら10倍近いだろうと思う。5,6年前、ブオンがオーナーで、フックさんが専任デザイナーで「ニュースタイルのアオザイ中心のファッション店舗」を展開していたとき、ハノイ市のファッションコンテストで優勝した実績があるという。なるほど、シックで上品なデザインは素人目にも納得がいくエレガンスがある。

で、近くのちょっと知られたダック(あひる)専門店に行った。路上と店舗に境目がないベトナム特有のビアホイ風な佇まい。蒸し、揚げ、焼きのアヒルがそれぞれ最高の味をだしていた。日本では鳥の唐揚げが嫌いで一切食しないが、ハーブとネギをまぶして揚げた空揚げは、ほんとに美味。大半、僕一人で平らげた。
で、さてさて、彼女たちがベトナム語で話している間、手づかみでアヒルの骨と肉と格闘しながら、遊びの究極を考えた。
遊びには金が要る。いきなり何十億円も入ったら、どんな遊びをかんがえるのだろうか。やっぱー、男は海だろうなあ。クイーンエリザベスとかで世界一周かあ・・。大型クルーザーで、地中海を漫遊もいいなあ。日本人の男の95%(根拠ないが)は、海だろうよ。巨万の富が入ったのに「足の小指に凍傷の一つもしながらエベレスト登山」を目標にする人もゼロじゃあないが、大半は海原で深呼吸し、アルチュール・ランボーの『地獄の季節』さながらに太陽の日差しを素肌にじりじり受けながら、「巨万の富によって仕事や時間から解放された永遠の安堵感に浸る」のだろう。しかし、隣にはビキニのグラマラスないい女(スペイン系)が寝そべっていなければ、やっぱー話にならない。女だ女だ、やっぱー男はこうでなくちゃ。フムフム・・。

もっと究極の遊びないのか。僕ならどうするか。ハノイに土地買って(使用権)、立派なVCIの校舎建てよう。日本国内でも広告を打って、日本企業のネットワークを一気に拡大して・・・、1億はベトナムの何処かにCSR・・いけねえ、これは、遊びじゃあないね、一種の至福感とか、充実感かな。どっちにしても、どうも現実の忙しさから抜け出られないなあ。自分の発想の貧しさに愕然とするね。・・・・近々続編・・。(4月8日へ)

0 件のコメント: