2009年1月25日日曜日

一月のあれれ、これれ

1 このブログにも書いた「K−20 怪人二十面相伝」を見るつもりだが、見ていない。
2 ゲバラの映画「チェ 28才の革命」も見ていない。
3 ハノイに行って、教職員と最近の情勢分析したり、新しい展開を議論したいのだが、今年まだ行けていない。 会議はもっぱらskypeだけだ。skype活用してますか?中年諸君!
4 だから、ベトナムの家族にも会っていない。
5 難関「カラマーゾフの兄弟」は遂に「3巻」の30Pまで来た。途中あれやこれや読んで脇道逸れてる割には進んでいる・・かな。
6 オバマへの壮大な構想への期待と、イスラエル支持のままのオバマへの幻滅。
7 いくつか心ある企業のtopの方々の言葉に感銘することが最近とみに多い。凄い方々は本当に存在しますね。

8 現況の当校のVROPS、更に留学システム、また5年後の中高一貫校の創設。僕らの夢は本年少しずつ歩みだす。 
9 オバマの就任演説にほとんど感銘を受けなかった。冷静な自分が不思議なほどだ。
10 息子26才が今年結婚すると言う。う〜むむむむ。凄い。
11 娘31才は女性出版社で変わらず猛烈らしい。
12 去年の12月20日、家内が天上に旅だって6年目に入った。過ぎ去る時間の何と速いことか・・・。
13 何故か・・・家族のこと書いてしまった。
14 このブログ、中年の読者が多いようだ。

15 明日26日が、元旦だ。ベトナムの旧正月「テト:Tet」がはじまる。正月明けは通常2月4日らしい。当校は2日から授業。 僕が子供のころ、旧正月は故郷仙台ではきちんと祭られていた。
16 新しいベトナムの家族と、テトなのに会えていない。去年は一緒に旧正月を楽しんだのに。今年は忙しすぎる。
17 さあ、僕らも財務的に縮小出来るところは徹底的に削ろう。
18 最近、ちと酒量が増えたかもしれぬ。
19 この半年、眠り方を忘れたようだ。何処でも眠れた僕なのに・・。
20 この間の当校教員スタッフの誠実な対応と頑張りにはあらためて頭が下がる。

21 12月始めに「Tバックランチ」という、ランチタイムにハノイのレストランで秀麗で豊かなTバックを運良く拝んでしもうた貴重な体験を書いていたが、偶然に元Tバックの女王飯島愛が亡くなったので、中断したまま。再開の目処立たず。
22 12月初頭に亡くなられた本物のインテリゲンチャーである批評家の加藤周一さんのことを何か書こう書こうと考えてきたが、未だ筆持てず。
23 早稲田界隈にまだ、春は来ていない。が、2月になると当オフィス前の早大通りの並木道に可憐な梅が咲く。
24 さっき、ベトナムの教員スタッフ、関係者、家族にメールでテトの年賀状を送付した。日本人教員は皆さんの大半は、ベトナム国内旅行に行ったようだ。ゆっくり楽しんで欲しい。
25 朝青龍が久しぶりに優勝した。下馬評を見事に覆した。面白かったね。でも今場所、怪しい取り組みも結構あった。ガチンコじゃあない勝負があったと思う。言うまでも無く大相撲はひとつの会社であって、関取は社員だ。部屋が違っていてもしょっちゅう一緒に食事したり、遊んだりしてる。その上、上下の関係の厳しさはご承知のとおりだ。

つまり土俵上には「威圧」「遠慮」「配慮」「友情」「付き合い」とかは当然、昔からあるだろう。その塩梅ある勝負は微妙すぎて八百長とは誰も言えない。協会もそのあたりを神事と逃げている。八百長は金銭の授受があって、はじめて成立するわけだしね。正直、ガチンコという相撲用語がある以上、そうではない勝負もあるということだ。あうんの神事。それも相撲なのだと思うしかない。

0 件のコメント: