2013年2月25日月曜日

ベトナム・テトから2週間分の写真メモ

ツーさんのご自宅でテト新年を迎えた。零時だ、乾杯! ツーさん(向かって右:海事財団副総裁)と彼のお母さん、僕の隣は日越友好協会の幹部大谷さん、初めてあった方だ。左端の青年は大谷さんの知人の日本人若者。

テトは、元旦(2月10日)と二日目だけハノイにいて、日本へ。当日雪が降っていて青空と赤と白のコントラストが目映い。

名古屋の熱田神宮。商用でこの神宮のそばに何度も来ているが、時間がタイトでなかなか寄れない。神宮は奥が深く、今日も途中で引き返す羽目に。


今回の10日間では、大阪、名古屋、静岡に行った。今回は都合の良い日程が組めなかったのでので富士山の前を何度も往復した。雲がかかっている日が割と多いね。そういえば、写真がないけれど、急に北九州市にも飛んだね。忙しかったなあ。


新横浜で。



堺市で、僕が講師のベトナム「進出」&「人材」セミナー。市役所さんやPREXさんのご協力で堺市内の中小企業の社長さんたち32名が参集。ベトナムに注目が強いのが、改めて解る。引き続いて行われたミニパーティーでも、質問が続いた。



不定期な理事会。たいてい「飲み」会議となってしまう。




確かこれは静岡駅。今から東京へ。

広角レンズで撮った富士山。神秘性がないね。

学生ベンチャーで出来たMINA日本語センターに習字の審査員として呼ばれた、また、「日本語学んでサムライになろう」の会セミナーもあった。


この日本語学校は、教員の大半がハノイ貿易大学の学生だ。大学生が大学生に教えている感じ。「学生教師」にとっては、教えることで学ぶことが多くて有益だろうけれど、生徒の方はどうなのかなあ。クラブハウスの様な雰囲気だから、特殊な方法を実施しているんだと思う。今度じっくり聞きたいね。



クラスの面々。たまには憩いのひととき。

ハノイ貿易大学の僕のクラス第二期目の学生。英語、日本語、日本簿記など優秀だ。
本年夏までに採用され、秋には日本に行きたいね。さあ、もう少しがんばっていこう。


























0 件のコメント: