2012年2月17日金曜日

ハノイ貿易大学日本プロジェクトの学生のブログから

僕が教えているハノイ貿易大学日本プロジェクト「日本社会の基本学教程」のクラスの学生たちが日本語で書いて運営しているブログを紹介します。
彼らのブログのURLは http://vci-jac.blogspot.com/  です。
記事や写真がたくさん掲載されています。 是非、ご高覧下さい。署名は仮名です。
下記は、最近の記事2点(「茶道」と「マーケティングマネージメント」)です。


2012年2月17日 「茶道」
    ちいさい頃から私はドラエモンなど日本の漫画が好きでした。大人になってからは、日本の文化一般について関心を持つようになりました。日本文化は多様で、知 れば知るほど日本の文化が好きになりました。そして、私はいつの間にか日本全体に興味を持つようになりました。今はなかでも特に茶道に興味をもっていま す。
   大 学に入ってから、家族とはなれて遠く住ましたので、初め自炊に慣れないので、一人暮らしの寂しさや、家族への思いが私を苦しめました。その時、大学の日本 人の先生に会って相談をしました。先生は私に茶道について教えてくれました。そしてこう言いました。「実は人生はこのお茶と同じだよ。毎日の私たちの生活 をお湯にみたてれば、私たちはその中に入っているお茶の葉みたいだよ。よく見てどうしてお茶がおいしくなっているのか考えてみてください。そうすると今の 悩みが出てくると思いますよ」。私はお茶を見つめて先生の言ったことを考えてみました。お茶を入れると、はじめて、お茶の葉はお湯の中で揺れてなかなか安 定しませんが、だんだんゆっくりと沈澱した後、よい香りが漂っています。今、私はこの舞っているお茶の葉と同じではないかと思いました。一時の苦労と寂し さで動揺したようです。心を静めてよく考えると、「これまでに収穫したものも多くあります」ということに気が付き自信も出てきました。これから、貿易大学 のいい環境を使って、もっと日本語とビジネス知識を身につけようと思い直しました。お茶をゆっくり一口飲むと、始めは苦くて、まるで苦痛、失敗の味のよう ですが、そして淡い甘味が出てきます。それはまるで幸福、成功、希望の味ではないかと感じています。その後、私は日本人のお茶の飲み方がとくに好きになり ました。あのとき日本人の先生は、私に人生のお茶を注いでくれたのだと思っています。  うさぎ月野(ハノイ貿易大学四年生:当クラス学生)


2012年2月12日日曜日


マーケティングマネジメント

昨日、テレビでCMOcheif marketing officer)という番組を見ました。とても面白い話がありました。それはある航空会社の事故についての話です。A市にいく飛行便で、航空機はエンジンの故障で緊急着陸しました。航空会社のマネジャーはこの事故で緊張しました。なぜなら、この会社は絶対安全という信頼がある大手航空会社であったからです。だから、この航空会社の安全の信頼性に悪影響がでる事を心配しました。その後、facebook,twitterなどのソーシャルネットウォーキングサービスを通し、お客様のこの事故についての意見を調査しました。
調査結果は予想とは違いものだったのです。調査結果によりますと、お客様の多数の関心は普通に考えるより、安全の問題だけではないことが解りました。航空機が故障している時にスチュワーデスの態度や仕事のぶりが良くなかった事が特に問題になりました。更にこの航空会社のお客様に対するホテルとか運送とかの対応の点が調査で指摘されました。こういうマーケティングマネージメントが重要です。
私はこの番組を通してマーケティング管理や電子マーケティングに本当に興味が持ちはじめました。重要な仕事に成功するためには管理に対しても経営に対しても、マーケティングについての意識は不可欠なものだと思います。
それで、今日、私は学校(ハノイ貿易大学)で「マーケティング・マネジメント」と言う講座を聴講して始めました。現在マーケティング管理についての意識やスキルを特に勉強したいです。すべての企業、管理者や経営者に対して、電子マーケティングを実行するスキルは必要になっていると思います。この意識やスキルは将来に私の仕事に対する役に立つと信じます。 
サヨリ(ハノイ貿易大学四年生:当クラス長)

 

0 件のコメント: