2011年6月4日土曜日

「ロックンロールよろしく」のご老人 / 火野正平のインターナショナル 

■ 大きな震災があって、みんながまとまって頑張れニッポンなどと言ってる時に火野正平のことなど書いていていいんでしょうか。火野葦平じゃあないよ。作家じゃあなく、軟派な男の人の件なのです。若い人にはよくわかりにくいかも知れないが、1970年代に小学校であれば、知ってるかも知れない。若いときから猿顔というかくちゃ顔で、テレビや映画の女性スタッフから、女優、歌手まで切れることなく手を出し子供の認知も3人ぐらいあったか無かったか。たしか、僕と同年で、僕が東映でキーハンターとか、プレーガール、柔道一直線、刑事くんとかの助監督をやっていた時分に急に芸能ニュース部門で有名になった輩のことだ。最近、ちょっとまた目立つ。

お相手は一流の芸能人でなく、二番手ぐらいに的を絞って確実にしているのが嫌らしい。西川峰子とか、新藤恵美とか、「ベッドでたばこを・・」のリリーとか、相手はたいしたことないのだが、何時も戦時体制で、まめで成果を上げているように見えた。確か「刑事くん(桜木健一主演)」で1〜2回一緒だったような。当時、若く同年代であった僕には、彼のモテ具合がほとんど想像がつかない事に思えた。ハンサムは業界にたくさんいる。話のうまい人も多い。でも彼は身長もないし、ぼそぼそとしか言わない印象。当時、何でこいつ女にもてるか解らなかった。「まめさ」がモテの最大武器であるなんと気づいたのは、40才になってからじゃあないの。今の若者は情報社会で育ってるから、若い内から「まめさ」が重要ぐらいしってるんだろうなあ。知ったからと言って若い内に「まめさ」で勝負するの、どうなの。若い内は戦略も計画もなく、ぶち当たって、転けてしまうのが相応しい。そのうち学習して行く訳で、若い時から、手練手管の成功「チャート図」だけ知っていてもしょうがないぜ。おっとっと、話はすぐ若造批判に行ってしまう。

で、火野正平はベトナムにも結構いると言う話をしたいのさ。昨日夕方、寂しくもひとりで、角のBIAHOIで、VNのソーセージ「ネムチュア」をかじりながら、生ビールをぐびぐびやっていたら、僕の目の前に火野正平がいた。いつものように女を口説いている。身なりはワイシャツ、黒いズボンの造作ないカッコウで、火野正平はお相手を飽きさせず、囁いている。彼はNHKのBSでロード自転車で全国行く「ちいさんぽ」みたいな新番組を始めたので、彼は当人でないことはすぐ解ったが、たれ目の猿顔、飽きさせない話題、落ち着いた話し方をサポートするような大きくはないが何か意味を暗示する手の仕草、料理を仕分けして、勧める際の優しい破顔。まさにそっくりのプロの火野正平だ。女性は、こんな場末のBIAHOIが似合わない富裕層のグラマラスな40才代。たまたま、西川峰子似であるのが可笑しい。周りには場所柄ハノイ工科大学の学生どもが騒がしく飲んだくれていたが、そんな騒音モノともせず、夜の帳が下りた頃、まさにスポットライト当たっているような、独壇場な風情であった。

冒険家で医師の関野吉晴さんが十何年継続している人類の移動の踏査「グレートジャーニー」に従えば、人類が誕生したアフリカ中部を10万年前に出発した火野正平、いや人類はどうも猿顔アジアモンゴロイド種をあちこちに分散定着させながら、1万五千年前までに、アリューシャン列島から北米、中米そしてチリマゼラン海峡まで行進し人類は地の果てに到達した。よく考えると、グレートなジャーーニーの実行に及んだクロマニオン人は、大型ネアンデルタール人と違って、モンゴロイドのつまり火野正平種の相貌と体系を形作りながら、海をわたり、アラスカから、一直線に南下した。だから、火野正平は、トルコやウズベキスタンあたりにもきっといるし南下したベトナムに、北上して中国、韓国そして、アラスカ、メキシコ、中米、インカ・チリあたりにわんさかいて、可笑しくないわけだ。つまり、まめな御仁も世界にゃあ多いってことでしょうか。

日本人で火野正平より、ちょっといい男だが、まさにそっくりのお猿男で、後藤勇というこれまた同年の友人がいる。彼とは20才代からの付き合いで本当にモテテいた。彼は、「地球の歩き方」の創設編集者のひとりだから、ロンドンにも恋人が、キューバにも、東京にも2,3人いて、僕も随分付き合わされて一緒に酒飲んだ。まめな人は一生懸命だから、ロンドンのレイチェルが、別れのレターを寄越したときには、僕は新宿のジャズバーあたりに彼を誘わないと心配なくらい落ち込んでいたな〜。まだ、本当の紙のメールの時代。リタイアして、今日あたりも豪華船(先日乗船するとメール在った)で、どこかの海原にいて、白いテーブルを挟んで、麗しいお姉様と微笑み交わしているはずだ。

■なんだか、芸能ネタがつづくね。初めてのことです。内田裕也さんが、ロック業界のドン風になってきたのは、いつからだろう。芸能界の女のドンは前からいるが、魔法使いのような白髪の風采で、ツエを持っていれば、確かに怖い。とくに「俺はヤクザとお友達です」と手紙を送れば、もらった女性は震えるでしょう。この人は何でも「ロックンロールよろしく」で済んできたので、幼稚さが抜けないうちに感情が発育不全に、つまり、若い頃から脳内イメージは「自由・平和・愛・あぶり・ロックンロール・J.レノン」などの強烈な言葉でいっぱいになり、新規な言葉が入りにくくなったのさ。大分経って「仕分け」が入ってきたようですがね。だから現在は、借金するときでも「ロックンロールよろしく」でしょう。ご飯食べるときも「ロックンロールよろしく」、寝るときも、夜に事に及ぶときも「ロックンロールよろしく」で始まるんでしょう、この御仁のことだから。これほどすっきり解りやすいことはないね。

言葉は、多ければ多いほど、文化が深いと言われる。アフリカの在る部族(ちょっと今となっては差別的)では200言語で生活が間に合っているという話がなんとなく、僕の記憶に置き去りになっている。でも、良いんじゃあないの。人生、言葉だけでないよ。微妙で深いことは、日本では「言葉にはあらわせない」ほど綺麗とかいう。それを特化したのが、この「ロックンロールよろしく」のお爺さんだ。だって、人生、たった一言で乗り切ろうというわけだからね。特許庁にたぶん、サービスマーク、商標とか、多分内田プロで申請済みと思うが、逆に賢いどこかの輩が、すでに「ロックンロールよろしく」を既に申請済にしていたら大変だよ。「ロックンロールよろしく」と書いたメモを持たされて、あの魔法のツエでボコボコさ。

25年ほど前、バブルがバブルと言われず、「ジャパンアズナンバーワン」って、大騒ぎしていた頃の六本木。僕も社会の浮ついた波には抵抗できず、毎日高い酒を驕っていただいていた。アイビーホテルの裏あたりにあったおしゃれなバーで、大抵そこで、社長の河村と僕とかが、毎日無駄な話をしていた。僕も常務とかいう肩書きで、ダブルのスーツなど着込んで威勢も良かった。そこに裕也さんが怒鳴り込んできたことがあった。そして、彼は痩せた体をしならせて、ある小柄なおっさんに飛びかかった。「この野郎、浅葉、ロックンロールよろしく」と捕まえて倒した。有名グラフィックデザイナーで、最近は世界の言語の収集家でもある巨匠浅葉克己さんも「ロックンロールよろしく」にはお手上げ。でも、ママ(もちろん男性)や、ちいママ(もちろん男性)らに、力ずくでガブリと取り押さえられ、そこで、幕は閉じたので、「決闘の終わった西部のサルーンバー」のように、一気に和やかさがあたりを包み、音楽もがんがん奏でられたような記憶。

保釈され、記者会見で見せた片膝付いて「ロックンロールよろしく」の挨拶は、初めてのバージョンだね。流石、裕也さんは良いスタイルを編み出す。カッコマンで来た人は良い感覚をお持ちですね。でも、どう見ても「ヤクザの仁義を切る」儀礼に近づいたように見えるね。「お控えなすって、手前、生国と発しまするは、銀波・・・」のあれだ。日本のヤクザは60%が同和関係、30%が在日の韓国・朝鮮系、残りがそのほかの外人だと、元公安調査庁の有名人菅沼さんが、プレスセンターで語っていたが、今回、「ロックンロールよろしく」界から、初めての参入になるかもしれないね。裕也さんに頑張ってもらって、日本中のヤクザを感化していただき、”仁義切り”をみんな「ロックンロールよろしく」に変えてくれれば、日本は平和になるので、裕也さんは樹木希林さんに、初めて挨拶が出来るのじゃあないですか。今回は本当に恥ずかしいですね。

宮城県石巻市(石をrollする)に縁があるとおっしゃる裕也さんですが、基本的な質問があるんです。「ロックンロールよろしく」という名フレーズの「・・・ロール」と「よろしく」の間に「、」入れた方が良いですか?また、この言葉の意味するところですが国民の皆さんに対して「ロックンロールという音楽や魂を、これからもよろしくね」という意味なのですか。それとも「ロックンロールの神様、どうぞ、我が国民をよろしくお願いいたします」と言うことなのでしょうか。あるいは「ロックンロール」というFAVORITEな言葉と「世露死苦」みたいなちょっと怖そうな挨拶を並べてモンタージュさせてみただけなのでしょうか。今後重要なフレーズになっていくはずです。流行語大賞の筆頭候補でしょう。ですので、正確に知っておきたいのです。お忙しいとは存じますが、お時間在る時お教えくださいますよう、ROCK'N'ROLL YOROSHIKU お願いいたします。

0 件のコメント: